痛みを我慢しなくても効果の高い脱毛ができる時代

痛みが少ない脱毛
ムダ毛の処理をするために脱毛サロンや脱毛ができるクリニックを利用する女性は増えている傾向があります。
しかし、まだ脱毛を自分でカミソリなどでしているという人も少なくはないのではないでしょうか。
そういった人の中には、脱毛の施術を受けるのは痛そうだから気が向かないという人や、長く通い続けないといけないようだから面倒くさいという理由がある人もいることでしょう。

早くて痛みの少ない脱毛

最近では施術中に痛みを感じることが少なくなっている脱毛法も利用できますし、従来に比べて早いペースで通えることで、通い始めてから1年もかからずに脱毛を完了できるというクリニックもあらわれています。

そのため、最近は、まだ脱毛をしていない人が始めるのにも良い時期ですし、以前に一度脱毛に挑戦して途中で挫折してしまった人がもう一度通うのも良いという状況になっていると言えます。
近年、痛みをほぼ感じずに受けられる脱毛法として人気が高まっているのが、「蓄熱式脱毛(SHR脱毛と呼ばれている場合もある)」です。

蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛は次世代の脱毛法とも言われており、従来からよく使われている単発式脱毛の機械とは熱エネルギーの使い方が違うのが特徴です。
単発式脱毛機はムダ毛に含まれている黒い色素をターゲットにして光やレーザーを照射し、高温の熱で毛根を破壊することで脱毛させていました。

それに対して蓄熱式脱毛機は、広い範囲に比較的低い温度の熱エネルギーでじっくりと働きかけ、毛包とバルジ領域の両方にダメージを与えて脱毛効果を実現させます。
このタイプの脱毛機での施術を受けられるサロンやクリニックを選ぶと、単発式脱毛機で施術を受けるよりも肌にダメージが少ないと言われていますし、肌の色が比較的黒っぽい人でもヤケドの心配をせずに脱毛ができるという利点もあります。

また、蓄熱式脱毛だと単発式脱毛のように毛周期を気にせずに施術を行えると説明しているサロンやクリニックが多いため、毛周期に合わせて2~3カ月に一度のペースで施術を受けに行くタイプの脱毛を選ぶよりも、脱毛完了までの期間が短くなることが多いのが魅力です。
このように蓄熱式脱毛は痛みを感じにくい、通う期間が短くなる可能性が高いなどメリットが多い脱毛法ですから、これから脱毛をしたい人やもう一度脱毛に挑戦したい人は利用してみてはいかがでしょうか。
なお、普通の光脱毛やレーザー脱毛では痛くてつらいと感じる人が多いVIO脱毛にも、蓄熱式脱毛は向いていると言われています。

蓄熱式脱毛は脱毛サロンならラココやストラッシュといったサロンで受けることができます。
美容クリニックでは、HMRクリニックで蓄熱式脱毛機による施術を受けられます。
他にもリゼクリニックなどの多くのクリニックで、何種類かの脱毛機を揃えている中に蓄熱式脱毛機も導入していて、患者さんの肌質や希望に合わせて使用するという所があるので、検討してみるのがおすすめです。
同じように蓄熱式脱毛を扱っていても、脱毛サロンよりもクリニックの方が効果が高いとも言われているため、脱毛するなら早く終わらせたいという人は蓄熱式脱毛が利用可能なクリニックを探してカウンセリングを受けることから始めてみてはどうでしょうか。

目を瞑って過ごしてませんか?冬の乾燥、毛穴ケア

冬の乾燥
20代半ばの肌の状態を基に、メイクやスキンケアについて考えてみたいと思います。これから来る冬の乾燥肌対策と、乾燥する季節に入っても、なぜか常に頭を悩ませる小鼻の角栓問題について、私が進めて効果のあったスキンケアをご紹介できればと思います。

 

【下地で冬の粉吹き肌を止められる?】

前日にしっかり化粧水も乳液も浸透させたし、しっかり寝てるのに…なぜか全くファンデーションが肌に乗っていかないという経験ありませんか?夏はこんな経験なかった…なんで頰だけこんなに入らないの?という場合は特に、乾燥が原因であると考えられます。鼻やおでこ付近は皮脂が溜まりやすく、普通・混合肌の方は、あまり乾燥の影響を受けにくいです。

冬季はパウダーファンデーションから離れてみる、デパ地下コスメのちょっと高いファンデーションに手を出す、ファンデーションを塗る量を控えてみるなど、色々迷走しながらこの原因を考えました。毎日パックしたり、適切な湿度を保ったり、水分をしっかり取ったりすることが基本になることはもちろんですが、もっと何か根本的にできることがあるのではないかと…。
ある日辿り着いた原因は、ファンデーションではなかったのです。

私が下地に全く気を使っていなかったことが原因でした。乾燥肌傾向ではありませんので、夏は日焼け止めのみで下地を済ませていましたし、直接人の目に触れるわけではない下地にコストをかけるなんて…とそれまでは思っていたのです。

しかし思い切って、ちょっとお値段は張りますが、RMKの下地を導入してみたところ、この肌が粉を吹く問題は劇的に改善しました。ベタベタしたら嫌だとか、RMKのファンデーションがにしか合わないんじゃないかとか、色々心配はありましたが、使用感はサラサラでどんなファンデーションにも合います。下地で肌の調子を整えてあげると、それまで使っていたファンデーションを特に見直さなくても、しっかりと肌色が頰に乗ってくれました。

 

【毛穴の汚れはクレイ洗顔で改善!】

頰は乾燥するのに、鼻は毛穴が目立って角栓も詰まっているように見える…という方、爪で押し出したりしていませんか?信じられないくらい汚れが取れるから、なんだか気持ち良くて止まらなくなっちゃうんですよね。だけどその行為、力を入れて無理に汚れを押し出している状態です。

肌に負担がかかるのは納得できますよね?しかも、角栓が取れた毛穴には空洞ができ、そこに汚れが新しくどんどん溜まってしまいます。お湯でふやかして、オイルを付けた綿棒でたまに優しく取るのは、肌への負担も少なく、1つのケア方法と考えられるかもしれません。ただ、コメドプッシャーや爪でぐいぐい押して角栓を取るのは、肌へのダメージ大です。

おすすめしたい鼻の角栓ケアに、LUSHのクレイ洗顔があります。お風呂でクレンジング・洗顔して肌をふやかした後に、顔全体にクレイを塗って10分ほど放置します。ハーゲンダッツ2.5個分くらいの大きさのカップが¥3,000程度で手に入りますが、薄く塗るのではなく十分な量を満遍なくまぶしていくことがポイントです。その後綺麗に水で落とし、忘れずにパックで保湿します。

この時のパックは、ドラッグストアで変えるお手頃なものでOKです。泥が汚れを掻き取ってくれるため、力を入れて角栓をぐいぐい押す必要がなくなります。肌に過度に圧を加えることなく、毛穴汚れが落とせる仕組みになっています。使用後の爽快感も良くて、週に1度は手が伸びてしまいます。

私の肌は、常に小鼻周りには皮脂や角栓が発生し、冬は乾燥に悩まされる混合肌です。色々な肌状態を持つ方がおられるため、上記はほんの一例です。自分にベストなスキンケアを見つけるために、私のケアが役に立ててれば嬉しく思います。

HMRクリニックの医療脱毛がおすすめ!気になる料金や店舗最新情報