実際に使ってみた!効果のあった育毛剤3選!

私は、自分の家系が男なら頭髪が薄くなることを、割と若い頃から分かっていました。その為、20歳を過ぎた頃から様々な情報を収集して、それ以来10年以上ハゲ治療に費やしてきました。

そして、実際に効果のある育毛剤・育毛方法が分かったのです。それを、これからご紹介したいと思います。

1.フィナステリド(プロペシア等)を飲む

頭髪が薄くなる原因は、男性ホルモンであるテストステロンが変化した物質が頭皮の毛根にダメージを与え、発毛サイクルを乱すことが分かっていました。その物質を阻害する作用のある薬が「フィナステリド」です。

商品名では「プロペシア」が有名ですね。これを服用することで、発毛サイクルの乱れを極限まで低下させ、それによる脱毛を防ぐ作用が、この薬にはあります。

主にAGA治療を行っている医療機関で処方して貰えますが、純正のプロペシアは値段が高いので、私はジェネリック品である「フィンペシア」を個人輸入して使用しています。この方法が、私にとってはメインですね。

当然、薬ですので、副作用が出ても自己責任になることをお忘れ無く。

2.亜鉛やリジンを取る

頭髪もタンパク質の一種です。ですので、その材料となる亜鉛やリジン(アミノ酸の一種)をサプリメントとして補うことで、発毛環境を整えます。

もちろん、亜鉛もリジンも食品ですので、食事から取るに越したことは無いのですが、両方とも意識的に食事に取り入れるのはかなり難しいので、サプリメントとして摂取することをおすすめします。

注意点は、リジンに関してはアミノ酸なので、あまり副作用は無いのですが、亜鉛は過剰摂取による健康への影響が言われていますので、あまりたくさん取り過ぎるのも逆効果です。一日の摂取量を守りましょう。

3.ミノキシジルを塗る

商品名で言うと「リアップ」になりますね。海外製品では「ロゲイン」という商品名で有名です。これは、現在頭髪が薄くなっている方におすすめです。

というのも、学術的に「既に薄くなった頭髪を再生できる」と証明されているからです。但し、こちらは輸入品でも結構高額になりますので、財政的に余裕のある方がするべきでしょう。それと、これも薬ですので、副作用が当然のことながら存在します。

その辺のリスクも承知した上で、使用するかしないかを判断してください。

まとめ

以上、私が「実際に効果のあった」と言い切れる育毛法3つでした。これらはかなり費用面で差がある方法なので、現在の懐事情などを考えた上で、どれを選択するか自分なりに考えてみてください。

薄毛は現代科学で何とかなる時代です。これも自己投資と思って頑張って対策に励んでみましょう!

ネットで買える最強育毛剤紹介→https://xn--xck4c9azd2bw418aot4ajdh312c.com/