限度額によって金利は異なることを理解する

限度額と金利
銀行や消費者金融のカードローンに申し込みをする前に調べるのが、いくらの金利で借金ができるのかを調べるのは多いのではないでしょうか。金利の表示は、4%~18%などというような表示をしているので、誰でも4%の金利に目がいきます。しかし、実際に借金をすると、金利は借金をする金額やカードローンの限度額によって決まってきますので、実際には想定したよりも高い金利で契約をしないといけないなんてこともあります。

そこで、実際に借金をするときに、金利について気をつけておかなければいけないところを説明します。銀行や消費者金融のカードローンを契約する前に、借金を申し込みたい銀行やホームページを見ますが、金利について書かれている場所を探すようにしましょう。金利について詳しい内容は、ホームページの見えやすい場所に設置していない場合もあるため探すのに苦労をするかもしれません。

しかし、どこかの場所に必ず金利についての説明があります。ですので、申し込みをしたい限度額の金利がどの程度になるのかを確かめるようにしましょう。ほとんどの銀行や消費者金融のカードローンの金利は、100万円以下の限度額で借金をするのなら、最も高い金利になると考えておくことです。

仮に、カードローンの金利が4%~18%の表示で宣伝をしていたなら、18%の金利で契約をするのがほとんどです。それ以上の限度額で借り入れを行うのなら、徐々に金利は低くなっていきます。ただ、金利が分かっても毎月の返済がどの程度しないといけないのか、完済までにどの位の時間がかかるのか計算しにくいのも事実です。そこで、返済するためのシミュレーションを同時に利用してみると、金利と返済金額と返済期間がそれぞれ分かりやすいです。

銀行や消費者金融では、金利の説明に加えて返済のためのシミュレーションもあります。それらを比較しながら返済について考えると、どこで借りるとお得なのかが簡単に分かりますし、契約段階になって金利の高さにびっくりしなくてもすみます。

現金化を行う時、換金率が下がってしまう場合って?


クレジットカードの現金化という言葉は、最近になって時に注目されているので、もしかしたらwebで検索するなどして自分で調べている人もいるかもしれません。クレジットカードの現金化という行為は最近注目されているだけあって、消費者金融や銀行などからお金を借りる場合にはないようなメリットもあるわけですが、残念ながら、すべてがメリットばかりというわけではありません。クレジットカードの現金化という行為を検討されている方は、そのデメリットもきちんと把握しておいたほうがいいでしょう。

まず、クレジットカードの現金化を経験した人の多くが指摘している問題は、専門の業者に依頼する場合に、商品の換金率が落ちてしまうという問題です。つまり、クレジットカードの現金化をとある業者に依頼した際、その業者から指定された高額商品を買いますよね。

ここまでは何の問題もないわけですが、当然のことながら、専門の業者に現金化の仲介を依頼したら、その際の手数料というものを用意しなければなりません。依頼する業者の種類や、或いは持ち込む商品の種類によっても現金化率は変動しますが、基本的に、純粋な商品代金から減った換金率の差額というのは、クレジットカードの現金化を仲介する企業に対して支払う手数料だと考えてください。専門の業者には手数料を支払わなければならないので、商品の換金率が下がるというわけです。

商品の換金率を下げるのが嫌だから、クレジットカードの現金化をすべて自分の手で行いたいと考える人もいます。結論から言えば、クレジットカードの現金化のプロセスを、一からすべて自分の手で行うというのは、決して不可能ではありません。
しかしながら、すべてのプロセスを本当に自分一人だけの手でやろうとすれば、それ相応の手間がかかってしまうのも事実です。

また、個人の力で現金化のプロセスをすべてこなそうと考えた場合、即日で現金を手に入れることは難しくなります。よほど慎重にやらないと、法的に摘発をされてしまうという可能性も出てきます。なにしろ、クレジットカードの現金化という行為は、法的に見るとグレーゾーンの行為だとみなされていますからね。

最近の流れを見ると、どうもこういった行為が黙認されていると感じる部分は確かに多いですが、それにしたって何の問題もないというわけでもないのです。だからこそ、クレジットカードの現金化を検討する際には、専門のノウハウを持っている仲介業者に依頼するのが安全なのです。

業者に対して手数料を払わなければならないので、換金率が下がるというデメリットはもちろんあるわけですが、そのデメリットは、決して何の意味もない、利用者にとってまさに損をするだけのデメリットであるというわけではないのです。

クレジットカードの現金化のリスクについて考える

消費者金融でお金を借りようと思っている人たちも最近ではなかなか借り入れ出来ないという人たちもいます。審査に通らないかもしれませんし、信用情報機関に残るのも嫌だし、最近では、専業主婦、仕事をしてない人たちは、消費者金融からお金を借りることが出来なくなってしまったのです。総量規制の問題で、私達は、段々と消費者金融とは無縁の時代になってしまったようです。

しかし、本気でお金が必要なとき、ならば、どのような手段に依存すれば良いと言うのでしょうか。

クレジットカードの現金化という方法

そのとき、みなさんは既にふと、クレジットカードの現金化という方法があると思いつくかもしれません。クレジットカードの現金化なら、審査がなくすぐに現金化することが出来ますし、消費者金融が審査のとき、必ずしている在籍確認が無いので会社にバレるということがありません。
信用情報機関にも残ることはありませんし。専業主婦の人たちだって、この方法ならクレジットカードの現金化が出来てしまうのです。

でもクレジットカードの現金化って裏技という感じがしますよね。それほど、リスクという訳ではありませんが、クレジットカードの利用規約に触れる可能性がありますので、消費者金融でいいという人たちは、消費者金融の選択も決して間違いではありません。しかし、総量規制の問題で借り入れ出来ない専業主婦のみなさんはどうすれば良いのでしょうか。

しかし、クレジットカードの現金化が犯罪という人たちもいますが、それは全然違う問題です。グレーには、瞬間見えてしまうのかもしれませんが、合法であり、大いにクレジットカードの現金化と必要あらば向き合って構わないと思うのです。

ついでにもう少し、クレジットカードの現金化のデメリットについてお話しをすれば、みなさんがお金に苦しんで、結局どうにもならず、自己破産してしまうとします。当然ですが、自己破産して借金を帳消しにしてもらうには、裁判所から免責の許可を得る必要がありますよね。しかし、そのとき、クレジットカードの現金化を繰り返すと、免責が不許可になるケースがあると言います。

ギャンブルや浪費を目的として使用されたものに対して、そのようになるケースも多く、免責不許可事由の中に、クレジットカードの現金化に該当するものもあると言います。破産法252条1項2号がそれにあたるようです。しかし、そのために私達は、用心しなければならないことは用心しなければならないですが、もしもそのような状態になったとき、裁判所は、クレジットカードの利用履歴程度しか結局は、チェックする手段がないため、調査しようと思ってもそれ以上なすすべがないとも言えます。あなたが、クレジットカードの現金化をしましたといえば、それまでですが、そのようなケースにおいて、しらをきればいくらでもきることが出来てしまうのです。

自分でクレジットカードの現金化

業者を頼り、そのような問題を起こすリスクから自分でクレジットカードの現金化という人たちもいますが、自分で行った方が、免責不許可事由になるというリスクが高くなると言います。クレジットカード会社に睨まれてしまうのも、自分でどうにかしようとした方のようです。

なんで、クレジットカードの現金化がバレてしまうのでしょうか。クレジットカードを利用している人たちは、万といるのに、既に会社には現金化目的が疑われる利用履歴を自動的に拾うことが出来るシステムがあると言います。でも、実際には、利用停止になっている人たちは氷山の一角とも言います。 みなさんが換金率の高い商品の大量購入などするからバレてしまうのです。