現金化を行う時、換金率が下がってしまう場合って?


クレジットカードの現金化という言葉は、最近になって時に注目されているので、もしかしたらwebで検索するなどして自分で調べている人もいるかもしれません。クレジットカードの現金化という行為は最近注目されているだけあって、消費者金融や銀行などからお金を借りる場合にはないようなメリットもあるわけですが、残念ながら、すべてがメリットばかりというわけではありません。クレジットカードの現金化という行為を検討されている方は、そのデメリットもきちんと把握しておいたほうがいいでしょう。

まず、クレジットカードの現金化を経験した人の多くが指摘している問題は、専門の業者に依頼する場合に、商品の換金率が落ちてしまうという問題です。つまり、クレジットカードの現金化をとある業者に依頼した際、その業者から指定された高額商品を買いますよね。

ここまでは何の問題もないわけですが、当然のことながら、専門の業者に現金化の仲介を依頼したら、その際の手数料というものを用意しなければなりません。依頼する業者の種類や、或いは持ち込む商品の種類によっても現金化率は変動しますが、基本的に、純粋な商品代金から減った換金率の差額というのは、クレジットカードの現金化を仲介する企業に対して支払う手数料だと考えてください。専門の業者には手数料を支払わなければならないので、商品の換金率が下がるというわけです。

商品の換金率を下げるのが嫌だから、クレジットカードの現金化をすべて自分の手で行いたいと考える人もいます。結論から言えば、クレジットカードの現金化のプロセスを、一からすべて自分の手で行うというのは、決して不可能ではありません。
しかしながら、すべてのプロセスを本当に自分一人だけの手でやろうとすれば、それ相応の手間がかかってしまうのも事実です。

また、個人の力で現金化のプロセスをすべてこなそうと考えた場合、即日で現金を手に入れることは難しくなります。よほど慎重にやらないと、法的に摘発をされてしまうという可能性も出てきます。なにしろ、クレジットカードの現金化という行為は、法的に見るとグレーゾーンの行為だとみなされていますからね。

最近の流れを見ると、どうもこういった行為が黙認されていると感じる部分は確かに多いですが、それにしたって何の問題もないというわけでもないのです。だからこそ、クレジットカードの現金化を検討する際には、専門のノウハウを持っている仲介業者に依頼するのが安全なのです。

業者に対して手数料を払わなければならないので、換金率が下がるというデメリットはもちろんあるわけですが、そのデメリットは、決して何の意味もない、利用者にとってまさに損をするだけのデメリットであるというわけではないのです。