限度額によって金利は異なることを理解する

限度額と金利
銀行や消費者金融のカードローンに申し込みをする前に調べるのが、いくらの金利で借金ができるのかを調べるのは多いのではないでしょうか。金利の表示は、4%~18%などというような表示をしているので、誰でも4%の金利に目がいきます。しかし、実際に借金をすると、金利は借金をする金額やカードローンの限度額によって決まってきますので、実際には想定したよりも高い金利で契約をしないといけないなんてこともあります。

そこで、実際に借金をするときに、金利について気をつけておかなければいけないところを説明します。銀行や消費者金融のカードローンを契約する前に、借金を申し込みたい銀行やホームページを見ますが、金利について書かれている場所を探すようにしましょう。金利について詳しい内容は、ホームページの見えやすい場所に設置していない場合もあるため探すのに苦労をするかもしれません。

しかし、どこかの場所に必ず金利についての説明があります。ですので、申し込みをしたい限度額の金利がどの程度になるのかを確かめるようにしましょう。ほとんどの銀行や消費者金融のカードローンの金利は、100万円以下の限度額で借金をするのなら、最も高い金利になると考えておくことです。

仮に、カードローンの金利が4%~18%の表示で宣伝をしていたなら、18%の金利で契約をするのがほとんどです。それ以上の限度額で借り入れを行うのなら、徐々に金利は低くなっていきます。ただ、金利が分かっても毎月の返済がどの程度しないといけないのか、完済までにどの位の時間がかかるのか計算しにくいのも事実です。そこで、返済するためのシミュレーションを同時に利用してみると、金利と返済金額と返済期間がそれぞれ分かりやすいです。

銀行や消費者金融では、金利の説明に加えて返済のためのシミュレーションもあります。それらを比較しながら返済について考えると、どこで借りるとお得なのかが簡単に分かりますし、契約段階になって金利の高さにびっくりしなくてもすみます。