クレジットカードの現金化のリスクについて考える

消費者金融でお金を借りようと思っている人たちも最近ではなかなか借り入れ出来ないという人たちもいます。審査に通らないかもしれませんし、信用情報機関に残るのも嫌だし、最近では、専業主婦、仕事をしてない人たちは、消費者金融からお金を借りることが出来なくなってしまったのです。総量規制の問題で、私達は、段々と消費者金融とは無縁の時代になってしまったようです。

しかし、本気でお金が必要なとき、ならば、どのような手段に依存すれば良いと言うのでしょうか。

クレジットカードの現金化という方法

そのとき、みなさんは既にふと、クレジットカードの現金化という方法があると思いつくかもしれません。クレジットカードの現金化なら、審査がなくすぐに現金化することが出来ますし、消費者金融が審査のとき、必ずしている在籍確認が無いので会社にバレるということがありません。
信用情報機関にも残ることはありませんし。専業主婦の人たちだって、この方法ならクレジットカードの現金化が出来てしまうのです。

でもクレジットカードの現金化って裏技という感じがしますよね。それほど、リスクという訳ではありませんが、クレジットカードの利用規約に触れる可能性がありますので、消費者金融でいいという人たちは、消費者金融の選択も決して間違いではありません。しかし、総量規制の問題で借り入れ出来ない専業主婦のみなさんはどうすれば良いのでしょうか。

しかし、クレジットカードの現金化が犯罪という人たちもいますが、それは全然違う問題です。グレーには、瞬間見えてしまうのかもしれませんが、合法であり、大いにクレジットカードの現金化と必要あらば向き合って構わないと思うのです。

ついでにもう少し、クレジットカードの現金化のデメリットについてお話しをすれば、みなさんがお金に苦しんで、結局どうにもならず、自己破産してしまうとします。当然ですが、自己破産して借金を帳消しにしてもらうには、裁判所から免責の許可を得る必要がありますよね。しかし、そのとき、クレジットカードの現金化を繰り返すと、免責が不許可になるケースがあると言います。

ギャンブルや浪費を目的として使用されたものに対して、そのようになるケースも多く、免責不許可事由の中に、クレジットカードの現金化に該当するものもあると言います。破産法252条1項2号がそれにあたるようです。しかし、そのために私達は、用心しなければならないことは用心しなければならないですが、もしもそのような状態になったとき、裁判所は、クレジットカードの利用履歴程度しか結局は、チェックする手段がないため、調査しようと思ってもそれ以上なすすべがないとも言えます。あなたが、クレジットカードの現金化をしましたといえば、それまでですが、そのようなケースにおいて、しらをきればいくらでもきることが出来てしまうのです。

自分でクレジットカードの現金化

業者を頼り、そのような問題を起こすリスクから自分でクレジットカードの現金化という人たちもいますが、自分で行った方が、免責不許可事由になるというリスクが高くなると言います。クレジットカード会社に睨まれてしまうのも、自分でどうにかしようとした方のようです。

なんで、クレジットカードの現金化がバレてしまうのでしょうか。クレジットカードを利用している人たちは、万といるのに、既に会社には現金化目的が疑われる利用履歴を自動的に拾うことが出来るシステムがあると言います。でも、実際には、利用停止になっている人たちは氷山の一角とも言います。 みなさんが換金率の高い商品の大量購入などするからバレてしまうのです。